経験を積みさえすれば英会話で緊張しにくくなる

日本人以外の人と英会話をするとき、私は必要以上に緊張してしまいます。日本人と会話する時ですらフランクには話せないのですから、英会話をするとなれば普段よりさらにガチガチになってしまうのはしかたないのかもしれません。ただ、あまりに緊張していれば相手にも心配をかけてしまいますから、ガチガチになるのは良くないことだと思います。

私の友人に2年ぐらいイギリスへ留学して英会話がペラペラな男性がいるのですが、その男性に言わせると英会話で大事なのはとにかく慣れだそうです。その友人も私と同じようにどちらかといえばシャイな性格をしているので、留学した最初の頃は緊張してあまり話せませんでした。しかし、せっかく留学したわけですし、日本ではないのですから英会話でコミュニケーションするより他ありません。意を決して英会話にどんどんトライしていった友人は、その経験を経て英会話がペラペラになるまで成長したのです。ですので、友人は日本人以外と英会話する時でも、まったく緊張せず堂々としています。

英会話をするからといって頭の中がパニックになっているようでは、どう考えても前途多難です。それでは落ち着いていればコミュニケーションを取れる相手でも、悪戦苦闘になってしまいます。それはとてももったいないことですし、英会話ができるできない以前の問題です。そして、もしも英会話に対して必要以上に気にしてしまうようなら、とにかくたくさん会話の経験を積んで慣れていくことが大事です。

たとえ日本人以外の友人がいなくても、今は英会話喫茶や英会話カフェで日本人以外の人と気軽に触れ合うことができます。また、そのような施設ではなくても、地域コミュニティのイベント等に参加することで交流の機会があったりなど、意識していればコミュニケーションの場は決して少なくありません。それらの機会を逃すことなく英会話の経験を積む場として活かせれば、英会話するからといってガチガチに緊張するようなことはなくなるはずです。つまり、慣れることによって英会話しやすいコンディションになれます。

英会話をはじめとした英語に対する苦手意識が強ければ、英会話を行うというだけで「できないかもしれない」という恐怖感がどうしても芽生えてしまいます。英会話をそれほど得意としていなければ、確かに伝わりにくいのかもしれません。ですが、それでも一生懸命に頑張ればどうにかなるはずです。そのためには英会話の経験を積むことが最も大切ですので、恐れることなくトライしていきたいです。

admin